【ついに大台突破】投資信託運用状況2023年6月

投資信託運用情報2024年5月 投資

↓応援していただけると励みになります。
にほんブログ村 その他生活ブログ FIRE志望者へ

【本ブログで扱う情報の一部はPR広告を含みます。】

こんにちはsemi-richです。

毎月実施している投資信託の運用状況について書きます。

今月ついに我が家の純金融資産が5,000万円以上となり

準富裕層に到達しました。

この記事は以下の方におススメです。

  • 他の人の投資状況がどうなっているか知りたい。
  • 最近好調のレバナスホルダーの含み損はどの程度なのか見てみたい。
  • 準富裕層の投資信託運用状況が知りたい。

保有投資信託一覧

現在保有している投資信託の一覧は以下です。

No投資信託名分類投資内容
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)米国株式-為替ヘッジ無し米国の代表的な株価指数であるS&P500指数に連動するファンド
iFreeレバレッジ NASDAQ100米国株式-為替ヘッジ有りNASDAQ100指数(米ドルベース)の値動きの2倍程度となることをめざすファンド
ニッセイ 外国株式インデックスファンド先進国株式(広域)-為替ヘッジ無し日本を除く先進国株式市場の値動きに連動するファンド
楽天・全世界株式インデックス・ファンド先進国・新興国株式(広域)-為替ヘッジ無し先進国や新興国の株式市場の値動きに連動するファンド
ニッセイ日経平均インデックスファンド国内株式日本の株式市場の値動きに連動するファンド
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス先進国株式(広域)-為替ヘッジ無し日本を除く先進国株式市場の値動きに連動するファンド
たわらノーロード 先進国株式先進国株式(広域)-為替ヘッジ無し先進国の株式市場の値動きに連動するファンド

似たような投資信託を保有しています。

来年新NISAが開始されたら、

特定口座で保有している投資信託は売却しつつ

新NISA口座で投資信託を購入するので

その際に保有する投資信託の種類を少なくしようと考えてます。

投資信託内訳

投資信託の内訳は以下の通りです。

全体の半分弱が①[eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)]で

30%弱くらいが②[iFreeレバレッジ NASDAQ100]という割合です。

残りがその他の投資信託です。

現在積立している銘柄は、

①[eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)]と

②[iFreeレバレッジ NASDAQ100]のみです。

そろそろ②[iFreeレバレッジ NASDAQ100]の比率が

目安の3割に到達しました。

積立銘柄の変更を検討中です。

投資信託別リターン状況

各投資信託の元本、評価額、評価損益は以下の通りです。

No投資信託名比率元本評価額評価損益リターン
eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)46.85%¥18,599,995¥23,248,8574,648,86224.99%
iFreeレバレッジ NASDAQ10030.75%¥16,399,989¥15,760,514▲¥639,475▲3.90%
ニッセイ 外国株式インデックスファンド7.11%¥2,499,998¥3,457,476¥957,47838.30%
楽天・全世界株式インデックス・ファンド6.56%¥2,375,749¥3,367,441¥991,69241.74%
ニッセイ日経平均インデックスファンド3.58%¥899,999¥1,838,345¥938,346104.26%
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス3.05%¥849,999¥1,501,308¥651,30976.62%
たわらノーロード 先進国株式2.11%¥600,000¥1,017,153¥417,15369.53%
合計100%¥42,225,729¥50,191,0947,965,09418.86%

米国株式市場が絶好調だったので評価損益が大幅にアップしました。

また②[iFreeレバレッジ NASDAQ100]以外は評価損益がプラスで

②のマイナス額も100万円以内にまで縮小されました。

②は、リスクは高いですが

いつか大暴騰してくれることを信じて今後も保有していきます。

まとめ

2023年6月末の投資信託保有資産額は約5,191万円でした。

前月に引き続き大幅プラスでついに大台の5,000万円到達しました。

長期投資なので短期でのプラスやマイナスは無視していますが、

大台突破はやはり嬉しいものです。

株式市場の予測は投資のプロでも外しまくります。

なので投資素人には定額積立が最良の作戦だと考えております。

今後も継続して積立投資していきます。

2023年6月の全体資産報告については以下です。

今回は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました